>イチオシ情報>Tシャツ作成のプリントにはどういった技法が使われるかチェック

Tシャツ作成のプリントにはどういった技法が使われるかチェック

洋服

Tシャツ作成を依頼するにあたって、いろいろプリントの方法があります。その中で、一般的なのがインクジェットで行う方法で、豊富な色を使うことができイメージ通りのデザインにすることができます。そのため、微妙な色合いを出して作りたいと気にメリットがあります。しかも、納期が比較的早く最短1日で完成できるところもあります。そして、シルクスクリーンなどと違い版代がかからず、一枚から依頼できるという部分があります。そして、カッティングプリントは予め圧着シートがデザインの形にカットしてあり、注文枚数が少なくても安く作れます。そして、一番の特徴が伸縮性のある生地にもプリントができるため、Tシャツ作成にもってこいの方法です。しかし、色見本以外の色は使うことができないため、名前や文字に使うことに適しています。そのため、業者によって指定できるか異なりますが、作るTシャツによって選ぶことが大切です。

実際に業者にTシャツ作成を依頼するときに、プリントの方法を確認しておく必要があります。大量に作成を依頼するのであれば版を作るシルクスクリーンのほうが向いています。しかし、枚数が少ない場合や短期間に作りたいという時にはインクジェットなどに対応している業者を選ぶ必要があります。とはいっても、専用の装置が必要であり、機器によって表現力などが異なるためしっかりと確認をする必要があります。ちなみに、最近増えているのがインクジェットで行う方法で、微妙な色合いを出すこともできオリジナリティーがあるTシャツにすることができます。そして、大手の業者であれば自分でプリント方法を指定することができ、大量に作る場合は色が落ちにくいシルクスクリーンで料金も抑えられます。単色のデザインの場合にはカッティングプリントを指定することで縁がないはっきりとした印象にできます。

ウーマン